こちらのページもご覧下さい。

大橋巨泉 全仕事 動画 画像

ゲーム

大橋巨泉 全仕事 動画 画像
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

大橋巨泉 全仕事 動画 画像

大橋巨泉

タレント(テレビ番組司会者、ラジオパーソナリティ)、

放送作家、エッセイスト、評論家(競馬評論家、音楽評論家、時事評論家)、

馬主、政治家(参議院議員)、

実業家・芸能プロモーター(オーケープロダクション=旧:大橋巨泉事務所創業者・元取締役会長兼エグゼグティブタレント、

オーケーギフトショップグループ取締役社長[4])。

オーケーエンタープライズ所属。

著書

『巨泉人生教室』コダマプレス、1966 
『巨泉・遊びの実戦教室』桃源社 ポピュラー・ブックス 1967
『巨泉の誘惑術入門 イキでスマートに遊ぶ法』実業之日本社 ホリデー新書 1968
『巨泉の麻雀 君の打ち方では勝てない』日刊スポーツ出版社 1971
『巨泉の真言勝負 大橋巨泉対談集』朝日新聞社、1973
『巨泉の考える競馬 調教タイムを見る前に』日刊スポーツ出版社 1974
『巨泉の勝つ馬券』講談社 1976
『巨泉の勝つ馬券 part2』講談社 1976
『巨泉・競馬界を斬る~君の馬券評価に矛盾あり!~』日刊スポーツ出版社 1977
『巨泉流飛車落定跡 プロを攻略する』講談社 1977
『わがシングルへの道』講談社、1977 のち文庫
『巨泉・競馬界を斬る2~日本の競馬は滅亡する~』日刊スポーツ出版社 1982
『ボクは鍋奉行?-巨泉のおいしいおいしいエッセイ』主婦の友社 1983
『巨泉のこんなモノいらない!?』全3巻 日本テレビ放送網 1989-90 
『巨泉の使える英語 学校では絶対に教えない英会話革命』ワニブックス 1990 のち講談社文庫 
『競馬解体新書 サラブレッドとファンのために』ミデアム出版社 1990
『巨泉の重賞競走予想全書』ミデアム出版社 1992
『巨泉の使えない英語 完全保存版』朝日放送編 ワニブックス 1993
『巨泉の使いこなす英語』ワニブックス 1994
『愚直』講談社 1996
『こんな民主主義いらない』講談社 1997
『異見のすすめ』講談社 1998
『生意気--東京下町青春記』三天書房 1999 - 青春期の日記
『巨泉--人生の選択』講談社 2000 のち文庫 自伝
『巨泉日記』講談社 2000 のち文庫 
『出発点』講談社文庫、2001
『「国会議員」失格』講談社、2002 
『大橋巨泉のこうすりゃよくなる、日本のスポーツ』朝日新聞社、2002
『岐路』講談社文庫、2002 
『巨泉 2』講談社、2003 「巨泉流成功!海外ステイ術」文庫 
『巨泉流メジャー・リーグを楽しむ法』講談社、2003 
『ゲバゲバ70年!大橋巨泉自伝』講談社、2004 
『パリ・マドリード二都物語--名画とグルメとワインの旅』講談社、2005 
『がん--大橋巨泉の場合』講談社、2005 
『どうせ生きるなら』角川oneテーマ21 2006 
『大橋巨泉の超シロウト的美術鑑賞ノート』ダイヤモンド社 2008
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 2 目からウロコの絵画の見かた カラヴァッジョからフェルメールまで』ダイヤモンド社 2008
『やめたら』角川oneテーマ21 2009 ISBN 4047101761
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 3 誰も知らなかった絵画の見かた ゴヤ、ターナー、ドラクロワをどう見るか』ダイヤモンド社 2010 ISBN 978-4-478-01328-1
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 4 印象派こんな見かたがあったのか マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ』ダイヤモンド社 2011 ISBN 978-4-478-01572-8
『日本人メジャーリーガー一流の条件』ベスト新書 2011
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 5 人生が楽しくなる絵画の見かた ゴッホ以後の100年をどう見るか』ダイヤモンド社 2012
『大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択』小学館 2013
『366日命の言葉』ベスト新書 2013
『知識ゼロからの印象派絵画入門』幻冬舎 2013
『巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」』講談社 2014
『それでも僕は前を向く』集英社新書 2014
共著[編集]
『ジャズ・ヴォーカル名盤100』(岩浪洋三と共著)愛育社 1998 のち講談社+α文庫
『頑固のすすめ』王貞治共著 角川書店 2010
翻訳[編集]
ビリー・ホリデイ著 ウィリアム・ダフティ監修『黒い肌』油井正一共訳 清和書院 1957
レジナルド・スマイズ『アンディキャップブックス』全6巻 奥山侊伸共訳 ツル・コミック社 1970
『奇妙な果実 ビリー・ホリデイ自伝』油井正一共訳 晶文社 1971
ドン・ウェイド『ゴルフが嫌いになる本 これを読んでも好きならあなたは本物のゴルファー』ジャパンタイムズ 1992
ボッブ・チャイジャー,パット・サリヴァン『ゴルフ狂に捧げる本 眠られぬゴルファーのために』編訳 飛鳥新社 1992著書[編集]
『巨泉人生教室』コダマプレス、1966 
『巨泉・遊びの実戦教室』桃源社 ポピュラー・ブックス 1967
『巨泉の誘惑術入門 イキでスマートに遊ぶ法』実業之日本社 ホリデー新書 1968
『巨泉の麻雀 君の打ち方では勝てない』日刊スポーツ出版社 1971
『巨泉の真言勝負 大橋巨泉対談集』朝日新聞社、1973
『巨泉の考える競馬 調教タイムを見る前に』日刊スポーツ出版社 1974
『巨泉の勝つ馬券』講談社 1976
『巨泉の勝つ馬券 part2』講談社 1976
『巨泉・競馬界を斬る~君の馬券評価に矛盾あり!~』日刊スポーツ出版社 1977
『巨泉流飛車落定跡 プロを攻略する』講談社 1977
『わがシングルへの道』講談社、1977 のち文庫
『巨泉・競馬界を斬る2~日本の競馬は滅亡する~』日刊スポーツ出版社 1982
『ボクは鍋奉行?-巨泉のおいしいおいしいエッセイ』主婦の友社 1983
『巨泉のこんなモノいらない!?』全3巻 日本テレビ放送網 1989-90 
『巨泉の使える英語 学校では絶対に教えない英会話革命』ワニブックス 1990 のち講談社文庫 
『競馬解体新書 サラブレッドとファンのために』ミデアム出版社 1990
『巨泉の重賞競走予想全書』ミデアム出版社 1992
『巨泉の使えない英語 完全保存版』朝日放送編 ワニブックス 1993
『巨泉の使いこなす英語』ワニブックス 1994
『愚直』講談社 1996
『こんな民主主義いらない』講談社 1997
『異見のすすめ』講談社 1998
『生意気--東京下町青春記』三天書房 1999 - 青春期の日記
『巨泉--人生の選択』講談社 2000 のち文庫 自伝
『巨泉日記』講談社 2000 のち文庫 
『出発点』講談社文庫、2001
『「国会議員」失格』講談社、2002 
『大橋巨泉のこうすりゃよくなる、日本のスポーツ』朝日新聞社、2002
『岐路』講談社文庫、2002 
『巨泉 2』講談社、2003 「巨泉流成功!海外ステイ術」文庫 
『巨泉流メジャー・リーグを楽しむ法』講談社、2003 
『ゲバゲバ70年!大橋巨泉自伝』講談社、2004 
『パリ・マドリード二都物語--名画とグルメとワインの旅』講談社、2005 
『がん--大橋巨泉の場合』講談社、2005 
『どうせ生きるなら』角川oneテーマ21 2006 
『大橋巨泉の超シロウト的美術鑑賞ノート』ダイヤモンド社 2008
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 2 目からウロコの絵画の見かた カラヴァッジョからフェルメールまで』ダイヤモンド社 2008
『やめたら』角川oneテーマ21 2009 ISBN 4047101761
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 3 誰も知らなかった絵画の見かた ゴヤ、ターナー、ドラクロワをどう見るか』ダイヤモンド社 2010 ISBN 978-4-478-01328-1
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 4 印象派こんな見かたがあったのか マネ、ドガ、ルノワール 真の印象派は誰だ』ダイヤモンド社 2011 ISBN 978-4-478-01572-8
『日本人メジャーリーガー一流の条件』ベスト新書 2011
『大橋巨泉の美術鑑賞ノート 5 人生が楽しくなる絵画の見かた ゴッホ以後の100年をどう見るか』ダイヤモンド社 2012
『大橋巨泉「第二の人生」これが正解! 人生80年時代「後半生」を楽しく生きるための10の選択』小学館 2013
『366日命の言葉』ベスト新書 2013
『知識ゼロからの印象派絵画入門』幻冬舎 2013
『巨泉の遺言撤回 「今回の人生では○○しない」』講談社 2014
『それでも僕は前を向く』集英社新書 2014
共著[編集]
『ジャズ・ヴォーカル名盤100』(岩浪洋三と共著)愛育社 1998 のち講談社+α文庫
『頑固のすすめ』王貞治共著 角川書店 2010
翻訳[編集]
ビリー・ホリデイ著 ウィリアム・ダフティ監修『黒い肌』油井正一共訳 清和書院 1957
レジナルド・スマイズ『アンディキャップブックス』全6巻 奥山侊伸共訳 ツル・コミック社 1970
『奇妙な果実 ビリー・ホリデイ自伝』油井正一共訳 晶文社 1971
ドン・ウェイド『ゴルフが嫌いになる本 これを読んでも好きならあなたは本物のゴルファー』ジャパンタイムズ 1992
ボッブ・チャイジャー,パット・サリヴァン『ゴルフ狂に捧げる本 眠られぬゴルファーのために』編訳 飛鳥新社 1992

出典 http://ja.wikipedia.org

大橋巨泉

出演番組

1960年代後半から1970年代初めにかけては、多くのレギュラーを抱えていたが、OKギフトショップを開業した頃から、主要なものを除き司会番組をセーブするようになった。
テレビ[編集]
11PM(日本テレビ) 1966年4月 - 1985年9月<金曜日担当>、1968年2月 - 1985年3月<月曜日担当>
窓からコンチワ(TBS) 1967年4月 - 9月
こりゃまた結構(TBS) 1967年10月 - 12月
お笑い頭の体操(TBS) 1968年2月 - 1975年12月
TBS歌のグランプリ 1967年4月 - 1969年
巨泉のスター百面相(フジテレビ)1969年
クイズダービー(TBS) 1976年1月 - 1990年3月(1992年12月の最終回で再び司会を務めていた。その後、2000年、2004年、2014年、2015年の特番で放送された復刻版でも司会を担当)
世界まるごとHOWマッチ(MBS) 1983年 - 1990年
ビートポップス(フジテレビ) 1966年 - 1970年
巨泉まとめて百万円(よみうりテレビ) 1968年 - 1971年10月
巨泉にまかせろ!(フジテレビ) 1970年4月 - 1970年9月
巨泉のチャレンジクイズ(よみうりテレビ) 1971年11月 - 1972年10月
巨泉×前武ゲバゲバ90分!(日本テレビ) 1969年10月 - 1971年3月
東京音楽祭・世界大会(TBS) 1972年・1973年総合司会(1972年の第1回大会で「第3回」と言ってしまい、慌てて「第2回」と訂正するも、どちらも間違っていた)
巨泉の世界超人フェア(フジテレビ)1983年
祝自由の女神100年祭・リバティーウィークエンドスペシャル 司会(1986年7月8日、TBS)
巨泉のこんなモノいらない!?(日本テレビ) 1987年10月 - 1989年9月
芸者モモ子の復活(月曜ドラマスペシャル)(1989年10月30日、TBS)
ギミア・ぶれいく(TBS) 1989年10月 - 1992年3月
世界まるごと2001年(MBS) 1990年 - 1991年(スーパーバイザーとコメンテーターを担当)
巨泉の使えない英語(ABC) 1992年
スーパークイズスペシャル(1994年春、日本テレビ)「11PM世界ダービーNo.1クイズ」のコーナー司会。
24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ) 1978年の総合司会。この時、番組のシンボルでもある黄色いTシャツを着ることはなく、スーツにネクタイ姿で出演していた。
おはよう(水曜劇場)(TBS) 1972年(巨泉の数少ない「俳優」としての出演作)
巨泉の発明ジャパンカップ(TBS)
クイズまるごと大集合(TBS) 総合司会
巨泉のワールドスタークイズ(日本テレビ)
巨泉のチャレンジボウル(東京12チャンネル)
巨泉のプロアマゴルフ(東京12ch)これは、かつて氏が主催した「大橋巨泉ゴルフトーナメント(当初は「巨泉インビテーション」)」というゴルフ大会から、一流プロと芸能人のラウンドを基に巨泉らが解説したという番組であった。
午後は○○おもいッきりテレビ(日本テレビ)山本コウタローが夏休みなどで不在だった時の代理司会。
平成教育委員会(フジテレビ) バイク事故で入院中だった北野武の代理司会。
ビートたけしのTVタックル(テレビ朝日)同上
巨泉のジャズスタジオ(NHK衛星第2テレビジョン)
BS朝日 ザ・ドキュメンタリー「大橋巨泉がん4度目の闘い ~治す人治さぬ人・・・命のドキュメント~ 」(2015年6月4日 BS朝日)2016年6月、7月に再放送。7月のそれは巨泉の追悼特番として

出典 http://ja.wikipedia.org

ラジオ

昨日のつづき(ラジオ関東)降板した永六輔の後任として前田武彦と共演した。アシスタントは女優の冨田恵子。
巨泉のポップスNO1(70年代に放送)
ヤングタウンTOKYO(TBSラジオ)
巨泉のシャバドビア(TBSラジオ)
巨泉のジャズABC(TBSラジオ)
巨泉のシングシングスウィング(TBSラジオ)
ポップスナウ(文化放送)
巨泉の大真面目(ニッポン放送)
大学対抗バンド合戦(TBSラジオ)この番組でタモリを発掘した。
巨泉の日曜競馬ニッポン→巨泉の責任プロデュース 日曜競馬ニッポン(ニッポン放送)
映画[編集]
少年時代(写真館の主人 1990年 東宝)
CM[編集]
パイロットコーポレーション(パイロット・エリート万年筆。このCMで発した「はっぱふみふみ」が流行語に)
サントリー(サントリービール純生。「さすがわかってらっしゃる」)
ロート製薬(新パンシロン。同社提供「クイズダービー」の解答者であった篠沢秀夫・はらたいらと共演したバージョンもあり)
フィリップス(コーヒーメーカー。本当の本物)
東洋工業(現:マツダ)(クルマ(排ガス)に厳しい巨泉ですぞ!)
日本ハム(スイフト。「流石〜!!(ながれいし)」)
ハウス食品(なんちゅうか本中華)
片岡物産(モンカフェ)
ジェイサイド・ドットコム(大橋巨泉の出演)
J-SIDE(アロハシャツ姿で「ナウいジェイ!」「パソコンでJ-SIDE、これフツーだよね。ケータイでJ-SIDE、これがナウイ」「ナウイ? ヒサシブリニキイタ」)
アートネイチャー(毛沢東をもじった「毛沢山先生」役で出演)
セントラルファイナンス(CFカード、現:セディナ)(やっぱりセントラルだね!)
アサヒ緑健(緑効青汁)
カシオ計算機 カード電卓
アニメ[編集]
千夜一夜物語(虫プロダクション製作)(競馬シーンのダフ屋)
くるみ割り人形(サンリオ製作)(ロシア風名士)
音楽作品[編集]
巨泉は歌手ではないものの、レコードを出すなど音楽活動は行っていた。
『おれは天下の百面相』(作詞:井上ひさし、作曲:筒美京平、1969年7月5日発売、『巨泉のスター百面相』(フジテレビ)主題歌)
『こりゃまたみなさん百面相』(作詞:井上ひさし、作曲:筒美京平、おれは天下の百面相のB面曲)
『さすがわかってらっしゃる』(作詞:大橋巨泉、作曲:森田公一、1973年5月5日発売、当時巨泉が出演していたサントリー「純生」コマーシャルソングとしてこの曲の替え歌『ご当地、ビールは?』が使用された。非売品ソノシートが存在する。2003年9月29日にEMIミュージック・ジャパンから発売されたコンピレーションアルバムCD『笑タイム』の第11トラックにも収録)
『大橋巨泉 プレイボーイ入門』(ナレーションを収録。演奏:八城一夫とオールスターズ)
石原裕次郎『嵐を呼ぶ男』(作詞は名義上井上梅次になっているが、巨泉が補作している)

出典 http://ja.wikipedia.org

連載

主に競馬関連のコラムをスポーツ新聞各紙の中央競馬面に執筆していた。
日刊スポーツ(東京版)
スポーツ報知(東京版)
サンケイスポーツ(東京版)
競馬エイト
主な所有馬[編集]
勝負服は緑、白一本輪、赤袖。当初は本名の大橋克巳名義、1987年頃からオーケー商事名義を使用した。所有馬には音楽関係の名前を付けることが多かった。晩年は中央競馬所属の所有馬はいなかった。
ローレンダッドレイ(吾妻小富士賞2着、パラダイスステークス3着)
フレーミングユース(9戦2勝。種牡馬としてダイナカーペンター[注 8](1988年阪神大賞典、1989年京都記念)を輩出)

出典 http://ja.wikipedia.org

大橋巨泉

関連記事

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1

  • こちらのページもご覧下さい。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ


こちらのページもご覧下さい。